ブックメーカー投資で儲ける最新情報
ブックメーカー投資で儲ける最新情報

ブックメーカーでのアンダー投資

サッカー観戦

ブックメーカーにはオーバーとアンダーがあり、オーバーは得点の可能性が高い方にベットする方法です。アンダーはオーバーの逆で、可能性が低い方にベットする方法となります。どちらが優れているということはなくプレイヤーの趣向やギャンブルとの相性によって選択されるものです。オーバーにしろ可能性にベットする点では違いがありません。肝心なのは可能性の確率を見分けることで、そのためのノウハウがあるわけです。但し、流れを極めることで、ベットすべきかどうかの判断が付きやすくなるのも事実です。即ち逆張りをすることで、オーバーでのベットが可能になるわけです。

ブックメーカーでオーバーから入っても、ギャンブルを見極めることが可能になります。ベット直後に得点があれば、利益が確定されます。アンダーに比べて、利益確定までの時間が短いのが特徴なので、気が短い人に向いた投資法だと言えます。但し、アンダーのようなキャッシュアウト率の回復がないので該当するゲームが少なくなる面があります。前半にベットしてしまうと、試合状況に関わる情報が少ないので、正確な判断を行えない傾向があるわけです。但し、該当する試合数に関しては、オーバーのノウハウを使い分けることで、対処することが出来ます。

サッカーへの投資はオッズに注意!

サッカー ブックメーカー

ブックメーカーでunder投資法を使ってサッカーで稼げると言いますが、経験者はあまり稼げないそうです。確かにオッズがかなり低く、例えば1.01では勝率が99.5%もあげ無ければ利益が出ないのです。ブックメーカー投資をする場合はオッズと勝率の関係を良く見ておく必要があります。この場合だと、200回のベットに対して、1回しか失敗できない訳です。平均オッズを良く注意しておかないと損をしてしまいます。オッズが1.04であったとしても、95%の勝率が必要になります。オッズが2.0の場合ならばようやく50%の勝率で利益が出ます。ただしこれはちょっと極端な場合です。初心者でも無理がないのはテニスのOVER6.0であってサッカーは少し難しいです。

テクニックとしては65分の段階で、両チームの総得点が3点以下で、0-0か、1-0か、2-1の時にUnder+2.5にベットすると良いです。つまり1-0の時ならば、under3.5です。そして2点入ったら欲張らずにキャッシュアウトするとよいでしょう。88分で2点目が入っても、ロスタイムで得点されることはよくあるので安心はできません。このような条件になっている試合は結構ありますのでうまく仕分けすると良いでしょう。